trim201308231428
この左腕の墨は、俺がドラムを始めた頃からお世話になっている先輩が使っているスティックの品番です。もう手首にスティックの品番入れるて、これかなりイカレテルよね(笑)


俺がドラムを本格的に始めたのは25歳の頃。今から約7年前。バンドを始めた高校生の頃からドラムは大好きで、ちょこちょこ叩いたりしてたけど、モテたいが為にボーカルをやっていた俺。25歳で本格的にドラマーになろうと決めたのはいいものの、その道は恐ろしく険しい道でした(笑)。今でも毎日必死になってスティック振り回してるけど、スタジオでもライブでもしょっちゅうミスるし、テンパってフレーズ忘れたりすることもある(そういう時リーダーケンタメンは怖い)。でも、ドラムが大好きだという気持ちと、悔しいって気持ちがある限り、俺はこれからもガンガン叩いていくし、もっともっと叩けるようになってやるつもり。


当然だけど、「何かを始めるのに遅すぎる」なんて事はないからね。


何故、ドラム暦の浅い俺がANGER FLARESのドラムを叩けてるのか?

それは知らん(笑)。でも、誰にも譲る気はないし、この場所は俺のモノ。

後ろから見るフロントマン三人の背中が死ぬほどカッコイイってのは、俺だけが見れる特別な景色。


ちなみにこの墨を入れた数ヵ月後、その先輩は軽く一言「そういえば最近、スティック変えたんだよね」と俺に言い放ちました。

ハートを強く持て。俺。

絶対、カッコイイドラマーになるぜ。